2013年02月14日

ディズニーシーに行ってきました。 その2 タートルトーク

トイストーリーマニア(トイマニ)を楽しんだあとは
近くにある“タートルトーク”!と向かおうとしたら
娘たちに“つまらなそう”と反対されました。

わたしはウミガメと観客が会話する、と
いうことだけは知っていて興味があったので
“前回きたときにはなかったアトラクションなので
絶対みるよ!“と並びました。

その結果…
面白い! 大人にも面白い〜!!

ウミガメのクラッシュと観客の間で
自然な会話ができるのです。

大阪のユニバーサルスタジオでも
ターミネーター2を待つ間に楽しませてくれる
お姉さんがいますが、やっぱり生身の
人間の面白さは印象に残っていいものです。

タートルトークの場合、裏(?)で人が
話していることはわかりますが、
ただのアテレコにしてはうまく画像と
合いすぎている気がしました。

それに、最初に指名された観客が指示と
違うリアクションをしたので
クラッシュが“ちが〜〜う”という
反応をしたのですが、あれは観客に
間違うよう指示があったやらせ
だったのかしら???

。。。

不思議だったので、夕方娘たちが
センター・オブ・ジ・アースに行っている間に
ダンナともう1回並びました!

わかったこと。

-観客のやらせではなかった! 今回は観客が
間違えなかったのでクラッシュの反応が
1回目とは違いました。

-クラッシュは自由に動けるみたいで、
観客の質問に答える中で、甲羅をかく、という
動作をみせました。

というわけで、ダンナとは“どうやら
リアルタイムに動くモーションピクチャーを
採用してるんだろうね“ということで
落ち着きました。

それにしても、あの動き!
お笑い芸人も真っ青の瞬時に反応する
アドリブのセンス!
素敵な声!

どんな方がどれくらいの報酬でどんなシフト制で
行っているのか…。 

指名した人の名前もどのように素早く
メモっているのか。

それに、あまりないことかもしれませんが
とっても観客が少ないときとかはどんなテンション
でやっているのか…。

 

興味はつきません!ぜひまた行ってみたいです。

でも担当キャストの力量や、客層や、質問内容によって
面白さに多少のあたりはずれはありそうですね。

ご参考:タートルトークの内容を再現した
【完全ネタバレ】のブログ記事みつけました。
(わたしのブログではありません。)

タートルトーク経験者と、今後も行く見込がない
方向き♪ これからの方は知らないほうが楽しめるのでは
ないかな。
http://whiteberry1228.blog36.fc2.com/blog-entry-610.html

(次回はその他まわれたところ (^o^)/)
posted by こくち at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ディズニーシー(2013.1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック